Jetta GLXってどんな車? What's the Jetta GLX anyway? 

Jetta GLXとは北米仕様のVento VR6のことです。Ventoという車はフォルクスワーゲンの世界的ベストセラー車であるA3 Golfにトランクを追加して、フロント回りのデザインを変更した車種であることは知られておりますが、アメリカではこのA3 Ventoも新型のA4 Boraも、同じくJettaの名前で売られています。

モデルチェンジしても車名が変わらないのでは旧モデルと区別しにくいため、A3 Jetta(Vento)を95年モデルまではJetta III、現行のA4 Jetta(Bora)をNew Jettaと呼んでいます。VWoA(フォルクスワーゲン・オブ・アメリカ)はよっぽどJettaのネーミングを気に入っているみたいで使い続けています。私も好きです。なんかいいじゃないですかスーパージェッターみたいで。

ちなみに皆さんご存知だと思いますが、A3とはプラットフォーム(シャーシみたいなもの)の名前(番号?)で、Golf/Vento系では、初代ゴルフからA1(北米名ラビット)、A2、A3、現行Golf/BoraのA4まであります。Audiの車名であるA4やA3と同じで紛らわしいので、Mark3、Mark4と呼ぶ人もいます。

これらのプラットフォームは、コンセプトや構成は基本的に同じで、VW社の車作りに対するポリシーを感じさせますが、世代が新しくなるにつれ衝突安全性向上や高級化、大型化のため、次第に重くなり、それぞれのプラットフォームごとに異なった特徴をもっています。

私のJetta GLXは1世代前のA3プラットフォームの車で、全幅1,695mmのボディサイズは5ナンバー枠に収まっており、北米ではCompactというシビックやインプレッサ、サニーらと同じカテゴリーに属しています。

'96 Jetta GLX at Montauk Point, NY
NYロングアイランド東の先端にある灯台が有名なポイント

北米でのA3車の発売は日本やドイツより遅れ93年から始まりました。これまた日本と異なり初期の例外を除いてすべてMEXICOのPuebra工場製です。そのためかA2時代は相当品質に問題があり、「VWは壊れて金のかかる車」という印象をユーザーに植え付けてしまいました。それを払拭するためVWoAは2年間のバンパーtoバンパー保証に加え、A3からは大胆な10年間エンジン+トランスミッション保証を始めたのでした。ところでVR6を積んだJetta GLXとGolf GTIは95年から正式導入されましたが、DOHC4バルブ4気筒エンジンを積んだ本家本元のGTIはついに発売されませんでした。そして99年にA3からA4へと切り替えられ、7年弱の北米でのA3販売は終了したのでした。

最初のJetta購入当時の'96年にはGL、GLS、GT、GLXの4つのグレードがあり、それぞれ装備がことなりました。その中でもGLXのみが2.8L V型6気筒エンジン”VR6”を積んでいたのです。

GL,GLS,GLXのグレードはそれぞれ日本のCLi,GLi,VR6に相当します。GTは限定仕様的なグレードでVR6の外観に2Lエンジンを積んでいました。

97年にはMTBとルーフキャリアが付いてくるJetta Trekや、スノーボードが付いてくるJetta K2なんてタイアップ的なグレードもあり拡販に貢献していたようです。

99.0 Jetta GLX at Shenandoah National Park, VA
シャノンドア国立公園は尾根すじにワインディングロードが続く

A3 Jettaは99年のはじめまで発売され、その後A4 New Jettaに生産が切り替えらたため、99年モデルが2種類存在することになります。ところで北米で販売される新車は毎年ごくマイナーな変更が施され、その年のイヤーモデルとして販売されます。その為96Jettaとか99Jettaといった呼び方をするのですが、'99.0 Jettaといえば最終型のA3Jettaのことを指し、'99.5 JettaといえばA4のNew Jetta(日欧でのBora)を指します。

ちなみに日本やヨーロッパではセダンであるVentoよりハッチバックで全長の短いGolfにほうに圧倒的な人気がありますが、USAでは全く逆でJettaのほうが遥かにGolfより売れています。

事実USAで最も売れているドイツ車はJettaなのです。これはおそらく道幅が十分広く、また一部の都会以外では縦列駐車をする必要のないアメリカでは、全長の短いメリットがあんまり生きてこないからでしょうか。わたしは95年から99年までNYはマンハッタンの東の郊外、ロングアイランドのGlen Coveという町に住んでいましたが、実に同じストリートに私を含めて4台のJettaがあってその内3台がGLXでした。これはかなりのJetta密度ですが、私以外はみな20代の若者がオーナーで、やはりノーマルのGLXは1台もなく、みんなそれぞれにモディファイを楽しんでましたね。

日本ではセダンであるVentoに対し、なんとなく地味なイメージを抱いている人が多いみたいですが、USAにおけるJettaはとても人気の高いメジャーな車で、家族の足からモディファイの対象まで、多くの人々から人気を得ています。

Back to Home